トップ / カテーテルの重要な役割

カテーテルの重要な役割

カテーテルの挿入で

美容

カテーテルの用途などについて

カテーテルとは、医療用に用いられる、中が空洞になった柔らかい管のことです。用途によってその太さや材質などは異なります。体腔や血管に挿入することで、体液の排出、薬剤や造影剤などの注入に使用されます。たとえば心臓の圧や血液の酸素濃度などを測定する際には、心臓にこれを挿入したりします。自力での排尿が困難な人に対しては、尿道口から膀胱に通して導尿する目的で使用されることもあります。そして脳血管疾患や動脈硬化などの血管疾患などの困難を極める治療に対しても、カテーテルは重要な役割を担っています。

医療機器を購入する上で

医院開業をするにあたって、医療機器の購入は必ず必要です。非常に高額となる上に保守費用が定期的にかかります。また、購入後に診療をするにあたってはそれをどう活かして採算を取っていくかといった経営上の課題もあります。医療機器を導入するにあたっては、それによってどれくらい患者が増えるか、そして患者増に伴い医業収入がどれだけ増えるかといった見込みをあらかじめつけておくことが重要です。リース等、様々な選択肢を考慮することや機器をホームページ等でアピールする経営戦略も必要になっておきます。

↑PAGE TOP